相手を知れば稼げる

チャットレディのお仕事は、実際にお客さんと会って話しをしたり、セクシーな姿を見せたりするお仕事ではありません。

お客さんは、画面を通して、チャットレディと話しをしたり、セクシーな姿を見るのが基本です。

そのため、お客さんにとってのチャットレディは「リアルな女性であり、身近な人物でもあるが手が届かない存在」という感じのものなのです。

このような気持ちがあるためライブチャットサイトに訪れるお客さんの大半は、実際に自分のことを知らないからこそ話せる話や自分のことを知らないからこそできる自分の容姿などの話すことが多いとされています。そのためお客さん自身も”もう一人の自分”でチャットをしているため、「普段の自分以上」を常に求めている場合が大半なのです。

そのためお客さんが発言する言葉に対して、相手がどのような言葉を求めているのか、どのような行動を求めているのか、を素早く理解して発言し、行動を起こしてあげることは、そのお客さんが自分に対してプラスの方向(常連客やリピーター)に進むためには必須なものとなるのです。

ですので、相手を知ることや相手の求めている言葉や行動を素早く理解する気持ちは常にチャットの際は持つようにしましょう。

またお客さん側もカメラやマイクを導入して、チャットレディと同じようなスタイルでライブチャットを行うことができるライブチャットサイトも近年非常に増えています。

そのようなサイトでもしチャットレディとして、働く機会がある場合は、できる限り、お客さんの容姿や服装、アクセサリーなどの小物類にツッコミを入れるようにしましょう。

この時の”ツッコミ”は、容姿で例えるなら「ヒゲが長いけど、どのくらいの期間ヒゲを伸ばしてたんですか?すごいですね!」など聞きつつも褒めることをポイントに話しを相手に振ったり、服装やアクセサリーであれば、「その服とかアクセサリーすごく可愛いし、おしゃれですがどこで買ったんですか!?教えてほしい!」などと聞くのも良いでしょう。

自分の容姿や身につけている服装やアクセサリーなどのファッションを褒められて、共感してもらうことに嫌な気持ちを感じるひとは、殆どいません。

カメラがついており、相手のことを把握することができる状況のライブチャットサイトであれば、そのようなことをポイントに会話を切り出すのも良いでしょう。

やはり一度褒めてくれて共感をしてくれたチャットレディは、お客さんにとっても印象深く「また話したい」と思える存在になりやすい傾向にあります。このようなポイントを忘れずにチャットを行ってみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ