昔と今のライブチャットサイトの比較

ライブチャットサイトの歴史は意外と古く、ネットが普及した頃(2000年以前)からあったとされています。

今回はあまり知られていない黎明期のライブチャットについて、どのようなものであったのかをご紹介します。

 

昔のライブチャットサイトは「出会うことが主目的」

昔のライブチャットサイトでは、現代のライブチャットサイトとは違い、アダルトやノンアダルトに限らずライブチャットサイトを使用するお客さんの思考が「出会うためのツール」としてのものでした。

現代でもこのような出会いのツール、出会い系サイトのようコミュニティーサイトの一環として見ているお客さんも極まれに存在していますが、ライブチャットサイトが普及しだした昔とはだいぶ違うといえるでしょう。

また、この頃のライブチャットサイトではチャットレディが稼ぐ事が難しかったと言われています。

ライブチャットサイトは一種のテレクラや出会い系サイトだと考えて使用しているお客さんが大半だったため、せっかく自分のチャットページにお客さんが訪れたとしても「いつ会えるの?」という質問から入る、お客さんが大半だったため、チャットレディが「出会い系サイトじゃないよ?」と答えたり、「仲良くなってからかな」などと言うとすぐにチャットを退会させられてしまうため、20秒前後の会話でのみ仕事が終了してしまうということが多かったのです。

現代のライブチャットサイトにもこのようなお客さんがいない訳ではありませんが、殆どのお客さんがこのような考えは持たずにチャットレディと触れ合おうと考えています。

そのため、これはあくまでも”昔のライブチャットサイトの話”として覚えておきましょう。

 

現代のライブチャットサイトでは男性の欲望をうまく利用して常連客を手に入れる

男性として出会いを求めている方やセックスをしたいから出会いたいと考えている方は、どのような場所にも多数存在しています。

しかしこのような考えを持つ男性は、純粋に「会ってセックスがしたい」という気持ちを持っているだけなのです。

この気持ちを上手に使用して、上手に対処することができれば、このような少々メンドくさく他のチャットレディからも避けられてしまいがちなお客さんも実際には自分の常連客やリピーター客として、手元に置くことができる可能性もあります。

昔のライブチャットサイトで成功を遂げていたチャットレディの大半は、このようなお客さんを上手に対応して、自分の虜にし、リピーターとして常連客にしていたことも事実です。

現代のライブチャットサイトでは、少なくなっているこのような出会いを目的としたお客さんですが、実際に自分のチャットページに訪れた場合は、彼らが喜び自分に興味を持ってくれる話題を振ってチャットを楽しませてみるのはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ