チャットレディは自分を女優と思いプロフィールを書く

チャットレディは女優業のような「魅せる仕事」と非常に似ています。

そのため、上手く自分を魅せることができ、チャットレディとしての自分を演じることができる人は稼ぎも非常に良くなり、高収入を得ることができる傾向にあります。

 

自分を魅せる方法は?

自分をうまく魅せるためにはプロフィール欄を活用することが効果的です。

プロフィール欄は、チャットレディをお客さんが選ぶ際に非常に重要なものとなり、最初の入口となるものです。

このプロフィール欄も手を抜いて作ってしまえば、やはり自分のページに訪問するお客さんの数も激減してしまうことに違いないでしょう。

そのため、プロフィール欄はチャットレディとしての自分自身の「顔」と思い書くようにしましょう。

ありきたりのプロフィール欄には魅力を感じて、訪問しようと思うお客さんも減ってしまいます。

そのため、できる限り自分のチャットレディとしての顔を売るためにも個性があり、男性が惹かれやすくなるものを作れるようにしましょう。

 

顧客視点に立ったプロフィール作成が効果的

プロフィール欄を作る際には、自分がチャットレディではなくお客さんの立場だった場合、つまり「プロフィールを見る側のなった場合」の気持ちを考えながら作ってみるのも良いです。

やはりそう考えると「適当な簡易的なプロフィール」には魅力を感じないかと思います。

またチャットレディのいる、ライブチャットサイトに訪れているお客さんの中には、チャットレディの報酬が発生していることを知らないお客さんもいます。

また自分たち同様にお金を払って、ライブチャットをしていると思っている方も多いです。

そのようなお客さんがいることを踏まえればわかるように「いかにも仕事をしている感じ」が出ているプロフィールはよくありません

このようなプロフィールの場合は、返ってサイトのさくらだと思われてしまい、チャットの際の訪問者が減ってしまうこともあります。

できる限り、仕事をしている感をいかにも出すことは避けましょう。

プロフィール欄を書く際のポイントとしては、「プライベートの自分とチャットレディの自分を使い分けて、ひっそりとチャットをやっています!」などといった、別の顔を見せていることをアピールしながらのものが良いでしょう

女優業の方などもやはりプライベートと仕事をかなりメリハリよく分けていますね。

そのようなイメージを持ちながら書いてみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ