セクシー路線いく場合のチャット(アダルトかノンアダルトか)の選び方

チャットレディをする際は、自分のキャラクター作りを行い其れに合ったチャット(アダルトかノンアダルトか)を選びます。

ここで、両社の中間路線に見える「セクシー路線」でいきたい場合はどちらのチャットを利用するのが良いのでしょうか?

 

セクシー路線でいく場合の立ち位置

チャットレディのお仕事を開始しようと考えた際にチャットレディとなる全ての女性がアダルト要素を含むサイトで働くか、もしくはノンアダルトのサイトで働くかを検討するかと思います。

また自分は「セクシーでいたい」と考えた場合、セクシーだからアダルトサイトなのか、セクシーだからこそアダルト要素は必要がないものなのかということを考えてしまうでしょう。

この際に必要になるのが、「自分の中でのセクシーの範囲」です。

セクシーと言っても、下着姿や露出度の高い服装がセクシーなだけであると考える方もいれば、裸に近い格好もしくは裸でイヤラシク行動をするのがセクシーであると考える方など様々な考え方が人によって違いがあると思います。

 

セクシー路線で戦う場合はアダルト要素が強いサイトがおすすめ

このように自分がセクシーを武器にしてチャットレディとして働こうとした際に【見た目】を重視して考えるのであれば、アダルト要素が強いサイトで働くことをおすすめします。

アダルト要素が強いサイトは、露出を好む男性も多く、セクシーに魅力を感じる男性の数もノンアダルトと比較した場合に倍ほどいると言えます。

しかし、この後にアダルトサイトへ登録をしたのであれば、アダルト要素が強い会話やアダルト要素が強いオナニーや自慰行為の公開などは必要となります。

この2点を行いたくないと考える場合は、ノンアダルトサイトへ登録をするようにしましょう。

 

セクシー路線は実はノンアダルトサイトでは需要が少ない

また、ノンアダルトサイトで18禁にならない程度の露出や会話をパフォーマンスとして行おうと考えている場合、このようなセクシー要素が強くアダルト色も強いチャットスタイルは、ノンアダルトではあまり需要がないことも覚えておきましょう。

ノンアダルトサイトに訪れる男性の大半は、そのようなことを求めずに会話を楽しむことを目的に訪れています。

そのためノンアダルトサイトに属するチャットレディの主な仕事の内容は「お客さんの話を聞くこと」となります。

耳を傾き続けることや独り言に付き合い続けることができると考える場合は、ノンアダルトサイトに登録をするようにしましょう。

またライブチャット中の動画の映像やチャットレディの顔のスクリーンショットなどが流失するといった危険性は、実は驚く程にアダルト要素が強いチャットサイトの方が多いとされています。

しかし、これは100%や絶対である訳ではないので0に近い話程度に思い、仕事をするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ