風俗バイトのリスク:知らない男性に身体を触る/触られる

風俗バイトで必ず発生することとして、知らない男性の身体を触る/触られる、というものがあります。

何とかなりそう、と思う人が多いですが、実は想像以上に負担が大きいです。

 

風俗バイトには身体の接触がつきもの

「風俗」ではお客さんの身体を触る、お客さんに身体を触られる、ということが確実に発生します。

求人広告や面接官の人は、

「ちょっと触れるだけですよ」

「軽く触られるだけだから、全然気にならないですよ」

と言ったことを言ってきますが、

ガッツリ触り・触れらるのが普通です。

 

私の経験上、風俗バイトは始めたその日で辞めてしまう女性が多いです。

その第一の理由は、

知らない男性の身体を触る/男性に身体を触られる

というものでした。

その人の性格にもよりますが、これは想像以上に苦痛であり、肉体的にも精神的にもかなりのダメージを受けます。

軽く触れる程度なら何とか…、と思う女性もいらっしゃいますが、それではお客さんがついてくれません。

全くお客さんが指名してくれない日も出てきますし、そもそもお店側がお客さんを付けてくれずに、サービスの良い稼げる女性に優先してお客を回してしまいます。

触るにしろ/触られるにしろ、相手をしっかりと受け入れて心をこめてサービスしなければなりません。

 

ある程度汚いものを触る仕事をしていると有利?

身体の接触がある風俗バイトは、そういった経験がこれまで全くなかった女性がやるには大変ハードルが高いです。

何となくやって嫌な思いをしてそれがトラウマになることもあります。

なお、私が聞いた中では、「看護師さん」「介護福祉士さん」「保育士さん」を本業、もしくは前職とする方は普段から他人の身体のケアをしていることもあって、多少抵抗なく風俗のお仕事ができるそうです。

ただそれでも、知らない人とキスをするなど、普段では絶対やらない/やりたくない、こともしなければなりませんので、やはり負担は大きくなってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ