ノンアダルトが稼ぎやすい理由とノンアダルトでも稼ぐ方法

ライブチャットはアダルトジャンルで少し肌を露出させると大きく稼ぐことができます。

ただ、ノンアダルトでも十分に稼ぐことができます。

今回は脱がずに稼ぐノンアダルトジャンルでうまく稼ぐテクニックをご紹介致します。

 

顔出しは効果があるがしなくても稼げる

顔を出すことに関して抵抗があり、カメラは体や胸元に当てるように設定をして、チャットレディのお仕事をしている女性も実は多いことをご存知でしょうか?

しかしこのように顔出しをしないチャットレディは、どうしても稼ぐことができない、待機時間が多くなってしまうというイメージが多いかと思います。

ですが実は、顔出しをしないチャットレディでもかなり高収入を得ることができるのです。

実際に顔出しをせずに30万円以上毎月安定させた収入を得ているチャットレディも存在しています。

その方は、幼いの頃から写真やビデオなどのカメラが苦手だったこともあり、チャットレディのお仕事の際は一切顔出しをせずに首から下の部分のみを映し、お仕事をしているといいます。

チャットレディをはじめたばかりの1ヶ月間の間は、新人期間をきちんと使用して常連客や固定客を確保したといいます。

 

相手との信頼関係を築くことを第一に

このチャットレディは、常連客や固定客を得るためにまず気をつけたことが「相手との信頼関係を築くこと」でした。

いつも決まった曜日に訪問してくれるお客さんには”自分は必ずこの日にいる、しっかりとした女性のイメージ”を植え付けるようにしたといいます。

チャットレディは仕事をするシフトが不規則なため、どうしても同じ決まった日にちにログインをすることが難しくなってしまいます。

しかしこの女性は、きちんとシフトを守り必ずログインをする真面目でしっかりとしたイメージをお客さんに植え付けるためにも規則的に仕事に励んだといいます。

また自分の元にきてチャットを楽しんでくれたお客さんの趣味や趣向などをきちんとメモにとり、細く記録し覚えるようにしたといいました。

このような行動を行うだけでも実際に非常に多くの常連客や固定客を取得したといいます。

また顔に関しても相手の想像を膨らませるような発言をし、相手が自分に対して期待を膨らませるようにしたといいます。

期待や想像は、膨らむことによりある種、楽しみを生み出すことになります。

そのため返って顔出しがないからこそ良いといってログイン画面に訪れるお客さんもいるのです。

顔が見えないからこそできるパフォーマンステクニックを取得し、自分が納得できるかたちでチャットレディのお仕事を楽しみながら行えるようにしましょう。

 

 

チャットレディのお仕事で大切なことは”男性とチャットをすることに関して、きちんとしっかりとした考えを持ち、取り組む姿勢”が非常に重要なこととなっています。

そしてこれにプラスして、お客さんが求めている女性から得ることができる”癒し”をいかなる形で相手に提供できるようにするかということを考えることも重要なポイントとなってきます。

仕事などで疲れている自分や一日頑張った自分、日頃頑張っている自分に対してのご褒美の時間としてチャットを楽しんでいるお客さんに対して言葉で相手を癒し楽しませることが大切なポイントとなります。

男性を癒すことは難しい、しかしこの”癒しのテクニック”を取得することは、チャットレディである自分のところにまたお客さんが戻ってくる大切なポイントであることも覚えておきましょう。

そのためにもできる限り、お客さんが嬉しいと思える言葉や求めている言葉を返答できるようにすることが重要となります。

お客さんからできる限り、仕事の悩みや仕事で疲れている点、職場の悩みや同僚や友人とのトラブルや愚痴を聞き出すことが癒しの求める言葉を発信するために重要なヒントとなります。

お客さんと打ち解けて仲良くなる気持ちを忘れずにいろいろと話をしていれば必ずそのような言葉は、相手から自然と発されてくることでしょう。

その言葉を聞き逃さず、そして上記のようなお客さんを癒すために必要となるヒントの言葉を忘れずに聞くこともチャットレディとしての収入を大きく得るためには必要となります。

メモをすることを忘れずに上手にお客さんを癒すための言葉や話題は掴んでおきましょう。

そしてお客さんが自分に気兼ねなく話ができる環境を整えることができれば、お客さんの方から2ショットチャットの依頼やログインをする時間帯などを聞かれ、相手を自分の常連客にすることができるかと思います。

このようなことを忘れずに、そして癒すこととチャットを楽しむ気持ちを覚えておきながらお仕事をするようにしてみましょう。

高収入を得るためにもこのような女性としての強みを生かしたテクニックは身につけるようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ