チャットレディも確定申告が必要? 基本控除の38万のみ適用

チャットレディのお仕事は自営業などと同じであり、ある程度の収入がある場合は確定申告をする必要があります。

確定申告をしない場合、所得税などの払う税額が決定しないため税金を支払うことができなくなってしまいます。

しかし、このように確定申告が必要となるチャットレディは、全てのチャットレディが対象というわけではありません。

 

確定申告が必要となるチャットレディのケース

チャットレディで確定申告が必要となるケースは以下の2つです。

  1. チャットレディが本業の方(年間収入38万円以上)
  2. 本業が別にあり副業としてチャットレディを行い年間収入が20万円を超えている方

確定申告というと「103万円以内であれば所得税が不要」といったイメージがある方も多いと思います。

会社員やアルバイト、パートの場合は給料として年間に貰っているお金の総額が103万円以内であれば所得税は不要となります。

所得税とは実際に受け取る給料から一定の金額を差し引いた金額のことを指します。

そのため差し引いた金額は基礎控除の38万円と給与控除の65万円があります。

これらの2つの金額を合わせた合計103万円は、どのような方でも引いてもらうことができます。

そのため収入が103万円以内である場合は控除額の103万円を差し引くことによりマイナスになるため、所得税が不要となるのです。

 

チャットレディの課税は会社員と異なる

このような課税方式は、会社員やアルバイト、パートなどと違い、チャットレディには適用されません。

チャットレディの場合、給与ではなく報酬という形でお金が手元に入るため、基本控除の38万円のみが適用されることになるのです。

そのため確定申告は必須の行動となってしまうのです。

チャットレディとして多くの額を稼ごうと考えている場合は、必ずこの確定申告について覚えておきましょう。

確定申告の際に経は、費を証明するレシートや領収書が必要となります。

チャットレディのお仕事をする際に購入したウェブカメラの代金やパソコン、インターネットの回線費用などの領収書やレシートは必ず保管しておきましょう。

確定申告についてわからない点や不安なことがある場合は、チャットの運営会社のサポートに問い合わせてみることも良いことです。

質問が多いないようであるため、チャットの運営会社のサポートも丁寧に教えてくれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ